FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

オナニーについて

アナルオナ
江戸時代は「せんずり」と言われていました。当時は愛や性を総称して「色(いろ)」
と言って、色事・好色に関しては割とおおらかに受け入れていました。

明治・大正時代は「自涜(じとく)」が一般的呼称でした。涜とはけがれ・汚す・卑し
めるなどを意味していて、オナニーやセックスなどの「性」全般を罪悪視する傾向が
主流になっていきます。セックスは「暗く汚く隠すもの」だったのです。鎖国の
江戸時代と開国の明治以降の違いはキリスト教など西洋文明の流入なので、その
影響が性意識にも影を落とした時代と言えると思います。「欲求不満は必ず攻撃行動
を引き起こす」という動物行動学の公式があるのですが、明治から昭和にかけて
戦争・暗殺・テロ・暴動がやたらと多い事と、関係ありだと思いませんか?

大正時代に敬虔なキリスト教徒だった、小倉清三郎という人物がいました。彼は
「おのれの霊と肉体の葛藤から性の研究をはじめた」性科学の元祖です。宗教的
教義や禁欲が聖なることと言われるけど、この湧き上がる性欲とは何なのだ? 
本当に罪悪なのか? と疑問を持ったわけです。

彼は1913(大正2)年1月に、性の人間学・性の心理学を研究する「相対会」を
結成します。会員には芥川龍之介平塚雷鳥・坪内逍遥・大杉栄など、当時の代表的
文化人が参加。小倉はオナニー(マスターベーション)という行為を「自慰」と訳し
ました。日本の性解放の草分けですね。

性は「暗く汚く隠す」べきものなのか、「明るく美しいおおらかな」ものなのか・・
本格的葛藤+社会的攻防戦が始まるのは、戦争に夢中になっていた日本人が、
夢から醒める昭和20年以降でしょうね。

○男性のオナニー

●オナる・マスターベーション・マスをかく・せんずり・自慰行為・自分でしごく
 夢精・オナペット・シコシコやる・慰める・・・

全ての男性がオナニーをするといっても過言ではないと思います。中学校頃、精通や
夢精を体験するのとほぼ時を同じくして、オナニーを覚えます。覚えたての頃は1日
に5回も6回もして、自分だけがものすごく変態+異常なのではないかと悩む事が
ありますが、何も心配はいりません。性欲は生命活動が盛んな証拠で自然な事
ですから、どんどんオナニーをしてください。健康に害になるような事はありません。
セックスをするとしても成人男性の多くがオナニーをして
います。セックスとオナニーは別ものですから、何の問題もありません。

●オナニーの回数

年をとるにつれてオナニーをする頻度が徐々に減ってきますが、多くの男性は、
結婚後でもオナニーを続ける傾向にあるようです。しかし男性によっては、
パートナーがいると、オナニーをしていることが相手に悪イメージを与えてしまう
可能性があるので、オナニーすべきではないと考えているようです。結果として
オナニーしても妻からオナニーをしていることを隠すようになってしまっている
ようです。
夫がオナニーしていることに気がついている妻は多いようですが。ラッキーな既婚
男性は妻と一緒にオナニーを楽しむ方達です。多くの男性の心理的な問題は、
パートナーと話し合う時に、オナニーの話をとても持ち出しにくいということです。
というのは、オナニーの話を出すことで相手への興味がなくなってきたと思われたり
相手とセックスしたくないと思われてしまうかもしれないと考えてしまうからです。
お互いにオナニーについて理解しあえれば、セックスライフがもっといいものになる
かもしれません。




【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム

体質改善コンサルタントの伊藤潤一が、あらゆるタイプの口臭や加齢臭など
体の臭いを全部消して、人と接するのが楽しくなる方法を伝授しています

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
カテゴリ
line
包茎問題解決本舗

【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム 体質改善コンサルタントの伊藤潤一が、あらゆるタイプの口臭や加齢臭など 体の臭いを全部消して、人と接するのが楽しくなる方法を伝授しています

相互リンク

人気ブログランキングへ

line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。